メニュー

眠りが浅く、寝ても疲れが取れない | 肩こり・腰痛・治らない痛みで鍼灸院をお探しなら、十条駅から徒歩5分の誠真堂鍼灸院へ

予約優先

03-5948-5699

営業時間

火・水・木・金 11:00~19:00
10:00~19:00
定休日 日曜日・月曜日

誠真堂鍼灸院

予約優先 営業時間
火・水・木・金 11:00~19:00
10:00~19:00
定休日 日曜日・月曜日

院長の無料相談

こんな症状でお悩みの方

眠りが浅く、寝ても疲れが取れない

不眠とは

不眠とは、「なかなか眠りにつけない(入眠困難)」「眠ってもすぐに眼が覚めてしまう(易醒)」といった睡眠障害でのことを言います。睡眠は、脳と身体を休めるだけでなく、精神的なストレスを和らげたり、成長ホルモンを分泌して免疫機能を維持するなど、大切な働きを担っています。
「成長ホルモン」と聞くと、子供の身体を成長させるホルモンというイメージが強いですが、大人にとっても大切な働きをしています。「成長ホルモン」は、新陳代謝を活発にし、疲労を回復させ、自然治癒力を強化させる役割と持った大切なホルモンです。睡眠中に分泌され、眠りが深いほどたくさん分泌されます。その大切な睡眠が阻害されると、免疫力が低下し、身体に様々な症状が出てきます。

原因

最も多い原因として挙げられるのが、精神的・肉体的ストレスです。
人間は、「自律神経」と呼ばれる2種類(交感神経・副交感神経)の神経が、無意識のうちに身体を正常に保つ働きをしています。このうち、「交感神経」は昼間に活動している際に優位になる自律神経です。言わば、人間を「戦闘モード」にする神経です。そして、「副交感神経」は反対に「休息モード」にする神経です。この2種類の自律神経がバランス良く優位劣位を繰り返していると、昼間は頭が鮮明になり、夜は自然と眠たくなって熟睡できる身体になります。
しかし、現代のストレス社会は、仕事をしたり、考えたり悩んだり、といった肉体的・精神的活動が非常に激しく、「戦闘モード」である時間が長すぎて、身体がなかなか「休息モード」に入りにくくなってしまっています。一言でいうと、心身ともに「過緊張」の状態になっているということです。
また、睡眠薬を長期間服用していると、だんだんその薬が効かなくなってきます。そのため、どんどん強い薬が必要になるため、結果として不眠症が悪化し、さらに強い薬を飲むという悪循環に陥ってしまいます。

対策

主に、紫雲膏灸を用いて、自律神経の乱れを整えていきます。患者様によっては、お灸をしている最中に眠気を感じて、そのまま眠ってしまうこともあります。温泉にゆったりと浸かっているような心地よさと、適切なツボへの温刺激により、身体全体を「休息モード」に入りやすくし、睡眠薬がなくても眠れる身体に戻します。
また、日常生活の中で不眠の症状を悪化させている習慣があれば、それを改善していただくようアドバイスも行っています。

による治療方法

による治療方法

実際の患者様の声

誠真堂鍼灸院

営業時間

火・水・木・金

11:00〜19:00

10:00〜19:00

休み
19時まで

19時まで

19時まで

19時まで

19時まで
休み
定休日:日曜日・月曜日

※上記営業時間外でもご予約をお受けいたします。
お気軽にご相談ください。

「ホームページを見ました」とお電話ください

   東京都北区十条仲原1-25-17 つるやビル2F

tel予約優先 03-5948-5699

行き方十条駅から徒歩5分 東十条駅から徒歩6分